Gibson Custom headstock

Watch live streaming of a major announcement from Gibson at 5 PM Tokyo time (4 AM EDST, 3 AM CDST, 2 AM MDST, 1 AM PDST).

English language link: http://bit.ly/ZqXUoN,

Japanese language link: http://bit.ly/10Tvj0e



Gibson Guitar Announces Agreement to Make Strategic Investment in TEAC

Transaction adds “Cool Japan” engineering technology and innovation to the music and audio lifestyle arena of the world’s premier musical instrument manufacturer

Tokyo, Japan / Nashville, U.S. — March 29, 2013 — As part of its continued diversification into the music and audio lifestyle arena, Gibson Guitar Corp., (“Gibson”), the world’s premier musical instrument manufacturer, today announced an agreement to make a strategic investment into Japan’s  TEAC CORPORATION (“TEAC”) (TSE: 6803), a recognized trailblazer in the audio visual industry. TEAC is one of the world’s top names in audio and visual equipment, and a leading producer of data storage equipment and related products. The transaction was unanimously approved by the Boards of Directors of both companies.

Gibson has entered into an agreement, signed today, with Phoenix Capital in which two investment funds operated by Phoenix Capital have agreed to sell to Gibson all the shares they own in TEAC Corporation, or 157,447,000 shares, (54.4% of the issued and outstanding shares), at a price agreed between the parties of 31 JPY per share. As this will result in Gibson acquiring over one third of TEAC, Japan’s Financial Instruments and Exchange Law requires Gibson to undertake a tender offer process. 

Thus, Gibson, through a special purpose vehicle, will make an all-cash tender offer to purchase 157,447,000 shares of TEAC common stock for 31 Japanese Yen per share in cash. Gibson will purchase a maximum of 157,500,000 shares. The tender offer period is scheduled to commence on April 1, 2013 and will remain open for 21 Japanese business days. 

Today, TEAC’s Board of Directors issued a press release supporting the tender offer. 

Upon completion of the acquisition, TEAC will become a member of the Gibson family. This will not only expand the size and reach of Gibson’s Pro Audio business, with products that both complement and build upon the KRK, Cerwin-Vega!, and Stanton portfolio of world-class studio monitors, sound reinforcement equipment, and DJ gear respectively, in addition to the premium consumer electronics of strategic partner, Onkyo Corporation (“Onkyo”), but also in future product development, has the potential to add value to the Gibson MI segments, and even with the fretted instrument category. 

TEAC is already widely recognized for high grade audio through its Esoteric brand, including multichannel recorders, handheld recorders, and Apple iOS devices, with growing opportunities in mixers and computer audio interfaces. Furthermore, TEAC is acknowledged as initiating the home recording revolution that changed the face of the music industry by introducing affordable multitrack recording, a technology invented by Les Paul, whose namesake Gibson guitar has established itself as the most coveted electric guitar of all time. 

TEAC’s product lines range from industrial data acquisition and storage, high-end audio, disc publishing, medical video, and broadcast into a broad-based consumer market through their TASCAM division. The company’s leadership in multichannel recorders, sound contractor products, field recorders, audio interfaces, and more has resulted in breakthrough products like the self-contained Portastudio that includes all elements needed to produce professional-quality recordings while retaining a consumer-friendly price. The implications of integrating these diverse elements into the Gibson family of brands are far-reaching, and further enhance Gibson’s diversification into the lifestyle arena.

This is yet another step in Gibson’s aim to become the largest music and sound business in the world with the ability to deliver an uncompromising entertainment experience to the customer, spanning musical instruments to the most innovative recording and audio/visual devices. Adding TEAC products to Gibson’s line-up within allows the company to offer tailored products to cater to every taste and economic range for music lovers, and music creators, around the world

This transaction also represents a significant commitment and investment into Japan by Gibson. This is the second transaction Gibson has made in Japan. In January 2012, Gibson announced a strategic alliance with Onkyo, a worldwide leader in consumer audio, where both companies made investments into each other. The size of this TEAC transaction – one of the largest Gibson has pursued – reflects the high level of confidence of the board and senior management in the Japanese market, and recognizes the technical and engineering excellence of one of the leading trailblazers in the specialist audio industry in Japan.

Post closure, TEAC will remain a listed company on the Tokyo Stock Exchange’s first section. The company will continue to be led by the current management, as TEAC brings unique, forward-thinking technical and engineering capabilities in Japan to further enhance Gibson’s Pro Audio Division, with the ability to leverage Gibson’s global commercialization abilities.

Commenting on the transaction, Henry E. Juszkiewicz, Chairman and CEO of Gibson, said: “We are delighted to welcome TEAC and its talented employees to the Gibson family. We have both known each other for a long time and share a vision for the future: bringing together world-class engineering and technical innovation in the audio space with the world’s premier musical instrument manufacturer, and the capability to market music innovation on a global scale.”

“Gibson is a strong believer in “Cool Japan” and together with TEAC, we look forward to not only contributing to the global understanding of the “Cool” products emanating from Japan in the music area, but also promoting the excellence of Japanese innovation in the industry,” he continued.

Yuji Hanabusa, President of TEAC commented: “We are very excited to join forces with one of the global legends in the music industry. This combination brings together two companies with state of the art technologies in the music space and will allow us to pursue a shared mission to develop innovative new products to further enhance the consumer experience in music on a truly global basis.”

This transaction is expected to bring about substantial synergies in joint marketing and global distribution, with benefits to both companies expected to include:

  • Overlapping channels for both the pro and consumer audio products in the United States, offer an opportunity to combine logistics with Gibson and Onkyo USA 
  • Further access to Asian markets for all Gibson products
  • Combined scale in EMEA with an opportunity to consolidate logistics through Gibson’s warehouse 
  • Gibson can leverage both TEAC’s R&D expertise to develop a new pipeline of products for Stanton DJ. in the Pro Audio field, as well as in the MI and fretted instruments segments for further product development, and
  • Operational cost synergies that allow both TEAC and Gibson to leverage back-office costs across its selected segments within the United States.

Macquarie Capital Securities (Japan) Limited is acting as financial advisor to Gibson and Baker & McKenzie LLP is acting as legal counsel. Citi Yuwa is acting as legal counsel to TEAC. SMBC Nikko Securities is the tender offer agent for this transaction. 

 

 

About Gibson Guitar

Gibson is known worldwide for producing classic models in every major style of fretted instrument, including acoustic and electric guitars, mandolins and banjos. Gibson's digital guitar, introduced in 2002, represents the biggest advance in electric guitar design in over 70 years. Founded in 1894 in Kalamazoo, MI, and headquartered in Nashville since 1984, Gibson Guitar Corp.'s family of brands now includes Epiphone, Dobro, Valley Arts, Kramer, Steinberger, Tobias, Slingerland, Maestro, Baldwin, Hamilton, Chickering and Wurlitzer, as well as the audio lifestyle brands, KRK, Cerwin-Vega! and Stanton. For more information visit: www.gibson.com, www.facebook.com/gibsonguitar, www.twitter.com/gibsonguitar

 

About TEAC

TEAC CORPORATION (TYO: 6803) is an electronics company based in Japan. It was founded in 1953 as the Tokyo Electro Acoustic Company. TEAC manufactures and distributes high grade audio video electronics, consumer electronics, computer data recording and storage devices, computer peripherals and professional recording equipment as well as disc publishing products. Products are marketed under the brand names ESOTERIC (high end consumer audio products), TEAC (consumer electronics – mass market audio products) and TASCAM (consumer to professional audio products, mostly recording). To learn more about TEAC, please visit: www.teac.com.






2013329

報道関係各位

ギブソン・ギター・コープ

ティアック株式会社

 

ギブソン社、ティアックとの資本業務提携で合意

~世界一流の楽器メーカーが手掛ける音楽とオーディオライフスタイルと

「クール・ジャパン」な技術革新が融合~

 

【東京/ナッシュビル 329 日】世界的な楽器メーカー大手のGibson Guitar Corp.(本社:米国テネシー州ナッシュビル、以下、ギブソン社)は、音楽とオーディオライフスタイル分野での継続的な事業多様化の一環として、AV機器メーカーの先駆けとして名高いティアック株式会社(本社:東京都多摩市、株式会社東京証券取引所市場第一部上場、証券コード6803、以下、ティアック)との戦略的資本業務提携契約を締結することに合意したことを発表しました。

ティアックは、AV機器分野で世界有数のブランドの一つであり、データストレージ関連機器メーカーの大手でもあります。本合意はギブソン社とティアックの両社の取締役会にて全会一致で承認されました。

なお、本日、ギブソン・グループとフェニックス・キャピタル株式会社を業務執行組合員とするフェニックス・キャピタル・パートナーズ・ワン投資事業組合およびジャパン・リカバリー・ファンドⅢは、その保有するティアックの株式の全部である15,7447千株(発行済株式総数の54.4%)を、両社の合意価格である1株当たり31円でギブソン・グループに譲渡することについて合意に達しました。この合意により、ギブソン・グループは、ティアックの株式の3分の1超を取得するため、金融商品取引法に則ってギブソン・グループは公開買付けを開始します。

ギブソン・グループは、特別目的会社を通じて、1株当たり31円にて、現金によるティアックの普通株式15,7447千株の公開買い付けを実施します。ギブソン・グループは、最大15,750万株を取得します。また、201341日から21営業日(日本の営業日)の間を、本公開買付け期間とします。

本日、ティアックの取締役会は、本公開買付けについて賛同意見を表明しました。

株式取得の完了後、ティアックはギブソン・グループの一員となります。相互補完を実現する製品群、およびKRKCerwin-Vega!Stanton、世界一流のスタジオモニター、サウンドレインフォースメント、DJ機器などの製品や、戦略的パートナーであるオンキヨーのコンシューマーオーディオなどの製品群が加わることにより、規模の拡大を図り、プロ用オーディオの事業領域への拡大を実現することができます。また、将来の製品開発においても本合意は、ギブソン社のフレット楽器事業分野を含む楽器事業に付加価値をもたらす可能性を秘めています。

ティアックは、ハイエンドオーディオのESOTERICや成長領域であるミキサーやコンピュータオーディオインターフェースに加えて、マルチチャネルレコーダー、ハンドヘルドレコーダー、Apple iOSデバイスなどで、すでに幅広く知られています。さらにティアックは、マルチトラックレコーディングを手頃な価格で提供し、音楽産業に変化をもたらし、ホームレコーディング技術に革命をもたらしたメーカーとして認知されています。そのマルチトラックレコーディングの技術は、ギブソン社のギターを憧れのエレクトリックギターの地位に押し上げたギターLes Paulの生みの親である、レス・ポール が発明した技術でもあります。

ティアックの製品群は、産業用途のデータの計測機器、記録再生機器、ディスクパブリッシング、医療用ビデオ、そしてTASCAM事業部門を通じた放送局向けから幅広い消費者向けにまで及んでいます。マルチチャネルレコーダーや、音響設備向け製品、フィールドレコーダー、オーディオインターフェース、および手頃な価格を維持する一方でプロ並みの品質の録音に必要な要素を全て備えた内蔵型Portastudioのような画期的な製品において、ティアックは主導的な立場にあります。これらの多岐にわたる要素がギブソンブランドに加わることは、ライフスタイル領域に進出するギブソン社のさらなる多様化を示唆するものです。

また、楽器から始まり最も革新的な録音技術やAV機器まで展開し、妥協なきエンターテイメントの体験を提供することで、世界最大のミュージック・サウンド・ブランドになるというギブソン社の目標の実現に参加することになります。そして、ティアックの製品群とギブソン社の製品群を結合することで、世界のあらゆる音楽愛好家およびクリエイターの嗜好や経済力にあわせた製品をギブソン社が提供できることになります。

 

さらに、本合意は、ギブソン社が日本に本格的に注力し投資することを意味します。ギブソン社は、20121月に、コンシューマーオーディオの世界的リーダーであるオンキヨーとの戦略的資本業務提携を発表し、両社は相互に株式を保有する関係となりました。本合意は、日本でこれまでに行った投資において、それに次ぐ案件となります。ギブソン社がこれまで手掛けたうち最大規模の案件の一つとなる今回の取引は、取締役会と上級役員の日本市場への確固たる自信を反映しています。そして、ギブソン社が、日本のプロ用オーディオ業界の先駆けであるティアックが有する、高度な技術を評価していることを反映しています。

株式取得完了後も、ティアックが東京証券取引所市場第一部上場を維持することに変わりはありません。ユニークで将来を見据えた技術力がギブソン社のプロオーディオ部門にもたらされるべく、ティアックは引き続き、現在の経営陣によって指揮されます。一方で、ティアックはギブソン社のグローバルな販売力を活用することが可能になります。

今回の合意に関して、ギブソン社の会長兼CEOヘンリー・ジャスキヴィッツは、「ティアックとその才能ある社員がギブソン社のファミリーに迎えられることを喜ばしく思います。私たちは長年にわたり、お互いをよく知る関係です。また、私たちは、オーディオ業界における世界最高水準の技術および、世界一流の楽器メーカーとその音楽の革新をビジネスにする力を統合するという、未来のビジョンを共有しています。そして、ギブソン社は、ティアックとともに「クール・ジャパン」を力強く支持します。私たちは、日本の音楽界から発信されるクールな製品が世界で認知されることに貢献するだけでなく、業界で日本の優れた音楽の革新性を普及していきます。」と述べています。

 

ティアックの英 裕治代表取締役社長は「私たちが、音楽業界で世界のレジェンドの一つであるギブソン社の一員になることを、とても楽しみにしています。両社の提携により、音楽業界の最先端の技術が双方にもたらされ、革新的で新しい製品を開発するという使命を共有することによって、真にグローバルな形でユーザーの音楽体験をさらに高めることを目指します。」と述べています。

今回の合意により、共同でのマーケティングやグローバル市場での販売活動における相乗効果を期待し、以下の貢献を想定しています。

  • 米国におけるプロ用オーディオとコンシューマーオーディオの販売チャネルの重複に由来する、ギブソン社およびOnkyo USAとのロジスティクス統合の機会の創出
  • 全てのギブソン社製品おけるアジア市場へのさらなるアクセスの獲得
  • EMEA(欧州、中近東、アフリカ)での規模の連結に対応し、ギブソン社の倉庫を通じたロジスティックス統合機会の創出
  • プロ用オーディオ機器、楽器、フレット楽器のさらなる製品開発および、Stanton DJの新製品ラインを開発するためのティアックの研究開発力の活用
  • 米国内の特定の分野において、ティアックとギブソン社の管理部門を相互利用することで可能にする営業費用面での相乗効果

 

なお、マッコーリーキャピタル証券会社がギブソン社のフィナンシャルアドバイザー、ならびにベーカー&マッケンジー法律事務所がギブソン社のリーガルカウンセルを務めます。シティユーワ法律事務所はティアックのリーガルカウンセルを務めます。また、SMBC日興証券が本案件の公開買付け代理人業務を行います。

 

 

 

ギブソン社について

ギブソン社は、アコースティックギター、エレクトリックギター、マンドリン、バンジョーなど、あらゆるフレット楽器でクラシックモデルを製作する世界的なメーカーです。2002年に発売したギブソン社のデジタルギターは、70年以上のエレクトリックギターのデザインの歴史に大きな飛躍をもたらした代表作です。ギブソン社は、1894年にミシガン州カラマズーで設立され、1984年以降はナッシュビルに本社を置き、Epiphone, Dobro, Valley Arts, Kramer, Steinberger, Tobias, Slingerland, Maestro, Baldwin, Hamilton, Chickering WurlitzerKRK,Cerwin-Vega! Stantonといったブランドを展開しています。詳細についてはwww.gibson.com, www.facebook.com/gibsonguitar, www.twitter.com/gibsonguitarをご確認ください。

ティアックについて

ティアック株式会社は、昭和288月に録音・再生電気音響機器の製造・販売を主たる事業として設立され、設立以来、「記録・再生技術」を強みとして、一般AV機器の「TEAC(ティアック)」ブランド製品や高級AV機器の「ESOTERIC(エソテリック)」ブランド製品、音楽制作オーディオ機器「TASCAM(タスカム)」ブランド製品の音響機器事業、航空機搭載用記録再生機器、計測機器、医用画像記録機器、光ディスクドライブ等からなる情報機器事業を展開しており、近年は主力事業である音楽制作オーディオ機器「TASCAM(タスカム)」ブランドの更なる成長加速を図っております。

以上